育毛剤の気になる皮膚への副作用とは?

皮膚への副作用

・育毛剤の副作用とは頭皮にトラブルが起きること

育毛剤は化粧水のように、毎日シャンプーをして頭皮の汚れを落とした後、付けるものが多いです。
地肌も皮膚の一部ですので、合わない育毛剤を使うと頭皮が荒れることがあります。
蒸れることによるかゆみ、かゆみから起きる赤みや炎症、地肌に合っていない商品を使い続けると副作用が起こることが多いです。
一旦調子が悪いと思ったら、使用をやめてみて頭皮のトラブルが無くなる様なら、原因は育毛剤ということが考えられます。
もう自分ではどうしようもなくなった時は、すみやかに皮膚科を受診して医師の指示を仰いだ方が治療は早く終わります。

・使用方法に気を付ける

薄毛に悩む人は、育毛剤をたくさんつければ早く毛がはえてくるのではないかと思って、一度に大量に付ける人がいます。
また毛の生え変わりが数か月単位でかかることから、なかなか生えてこないことに焦って、たくさん付けてしまうことになります。
これらのことで大量に育毛剤を付けてしまうことは、地肌のトラブルになりやすいのです。
薬と同じように副作用を出さないようにするためには、容量用法を守った使い方が、育毛剤の使い方としては適していることになります。

・パッチテストをする

もちろん育毛剤でも、使ってしまって副作用が出る前に地肌が荒れることがないか、確認することが可能です。
手順としては、コットンや小さいガーゼなどに育毛剤を塗って、ひじの裏側などに貼っておきます。
しばらくしたら剥がすのですが、合わないものを使っていると貼っているだけで赤みがでてしまったり、肌が荒れてしまうことが確認できます。
ひじの裏などは肌トラブルが少ない場所ですので、肌の変化がわかりやすいです。
自分が化粧品などで肌が荒れた経験がある人、敏感肌だと自覚がある人は、育毛剤を実際使用する前にパッチテストをして肌荒れしないかを確認しておいた方が安心です。
せっかく使う育毛剤で肌を傷めてしまい、毛が生えてくるが遅くなることは避けておきたいところです。

minamiawaji.info