転職を成功させるためのコツは何か

転職
転職する際には、「これからの人生をどう生きていきたいか」「そのためにはどんな働き方をしたいか」をしっかりと考え、希望条件を明確にすることが必要です。

仕事のやりがいか、年収アップなのか、何を目指して転職するのかを明確にしておきましょう。

応募しなければ採用の可能性はゼロですが、応募だけでもやってみればゼロではありません。

応募する前にあきらめるのではなく、積極的に動くことも必要です。

入社時に何ができるか、会社へどんな貢献ができるのかを面接などで聞かれることもあるかもしれません

でも入社前では明確にわからない場合もありますよね。

そんな時でも、入社から年単位でのキャリアが描けている人は、自分のスキルと絡めてできることがある程度の方向性は示すことができます。

そこまでしっかりしたキャリアプランがあれば貴重な人材と見てもらえます。

企業が転職者に求めるのは即戦力。ということは、必然的に経験者が優遇されます。

また、会社によっては結婚や妊娠による退職・休職のリスクの高い20代30代の若手よりも、経験のある40代の方が歓迎されるケースもあるのです。

ブランクがあったり、子供のいる40代女性の採用に不安を感じる企業もあります。

特に女性の場合、「正社員にこだわること」で転職活動期間が伸びる傾向があります。
また、できれば大手にいきたいと考えていると、なかなか内定までたどり着けない可能性も高まりますので、大手企業へのこだわりはあまり持たない方が良いかもしれません。

雇用形態にかかわらず、重視する条件をクリアした転職先を選ぶことが、長く務めるためのコツです。

面接でだらしない印象を与えると「仕事でもだらしないのではないか」というイメージを持たれ、結果、採用につながりにくくなります。

面接には、信頼に足る人物であることを身だしなみで表現するつもりで臨みましょう

転職する際は、多くのリスクや壁が存在しますが、それでも不可能なわけではありません。

転職をサポート→転職したい人が選ぶ転職サイト&転職エージェントおすすめ5社厳選比較