ショッピング枠現金化業者には得意とするクレジットカードの種類がある

クレジット現金化安心
いざという時に現金を用意出来る方法として、手持ちの物を得る方法とカードローン契約が出来ない時に、クレジットカードが武器になります。なぜなら、ショッピング枠を使った現金化サービスを提供している業者がいるからです。


 

ショッピング枠現金化なら審査なし

クレジットカードを持っている人ならば、契約内容をもう1度確認してみるとショッピング枠とキャッシング枠が別々に設定されていることに気がつくはずです。

キャッシング枠の設定があれば、クレジットカードを使って借入出来ますが、キャッシング枠設定が無ければ新たに申込して審査しなければなりません。

しかし、カードローンやキャッシング枠増設審査は、失敗すると審査落ちだけでなくクレジットカードの利用限度額を縮小されてしまう結果になりかねません。

そこで、ショッピング枠を使った現金化サービスがあると知っておくだけでも強い味方になります。

 

現金化業者ごとに取扱可能なクレジットカードは違う

現金化業者は、全てのクレジットカード決済により現金化してくれるわけでは無く、特定のクレジットカードのみ対応しているケースが多いです。

なぜなら、クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為自体は、法律上問題ないケースが多いものの換金目的でのクレジットカード利用を日本国内の全ての信販会社が禁止しているからです。

違法では無いもののカード会社の利用規約には反するために、現金化業者ごとに安全に取引可能なクレジットカードを独自のノウハウにより選別しています。

最初から監視が厳しいクレジットカードについては、取扱対象外となっている点に注意が必要です。

 

カード決済手数料と消費税を考慮しよう

ショッピング枠の現金化業者は、公式サイト上にて最大95%還元といった高い還元率を謳った広告展開をしています。

しかし、実際に問い合わせた際には、80%~85%程度の換金率で現金化可能と言われるわけです。

なぜなら、公式サイト上では、カード会社手数料と消費税といった必須でかかる手数料と税金を含めた還元率が明記されているからです。

実際に現金化可能な金額は、クレジットカード現金化業者の手元に残る金額以内であって、カード決済手数料と消費税はカード会社と自治体に納付されてしまいます。

このため、公式サイト上に掲載されている換金率は、現金化業者の利益と手数料を引いた分であって手取り額ではありません。

カード決済手数料はカード会社ごとに異なるだけでなく、販売店との力加減により調整されています。

 

 

■まとめ
どうしても現金が必要な時に使える手段として、クレジットカード現金化業者の存在を知っておくことは、金策方法の1つとして役に立ちます。

カードローン審査が即日通るとは限らない状況下では、審査不要で買い物感覚に現金化出来る点が魅力だからです。

一方で、カード会社の利用規約には反することですから、クレジットカードごとに取扱可能な現金化業者が異なります。

複数の現金化業者へ相談してから、ショッピング枠の現金化を行うと良いでしょう。

実績のクレジットカード現金化