医療脱毛とサロン脱毛の違いは?永久脱毛の効果やメリットデメリット

医療脱毛とサロン脱毛の違い
医療脱毛とサロンでの脱毛、どちらが良いかは人によって異なります。効果が高い永久脱毛ができるのは、医療脱毛だけです。

では医療脱毛とサロン脱毛は何が違うのでしょう?永久脱毛とはなにか、メリットとデメリットと合わせて解説しましょう。

医療脱毛はクリニックでのみ受けられる

医療脱毛は毛根細胞を破壊する医療行為です。受けられるのは、医師がいるクリニックのみ。サロンとは使っているマシンが違います。強力なレーザーを照射するため、医療関係者以外は使えません。毛や肌の調子を診察しながら、出力を調整します。

サロンのフラッシュ脱毛は、素人でも扱えるようにレーザー脱毛よりも出力が抑えられています。医療脱毛に比べると効果は弱く、正確には脱毛ではなく抑毛です。

何回も施術をすれば毛は薄くなりますが、0本にはできません。効果が高い永久脱毛ができるのは、クリニックでの永久脱毛のみです。

永久脱毛とは何か?

医療脱毛では毛根ごと破壊するため、高い効果があります。ただし、一生生えてこない保証はないので注意。永久脱毛の正しい定義は「1ヶ月後に毛の再生率が20%以下であること」です。

これは永久脱毛の歴史が浅く、生えてこない確証はありません。施術のタイミングが毛周期とズレたり、肌の色が濃かったりすると、一部だけ脱毛できない可能性があります。

ただし、必ずしも毛が20%残るわけではありません。自己処理がほぼ不要になるのは間違いないので、あまり心配しなくてもOKです。

また、レーザー脱毛以外なら、電気脱毛が永久脱毛です。1本ずつ施術する必要があり、時間と料金がかかりますが、施術後は生えてこなくなります。

医療脱毛のメリットとデメリット

医療脱毛の魅力は効果が高いことです。太く濃い毛でも、短期間でツルツルになります。1回目から毛は減ってくるし、回数はサロン脱毛の半分以下です。脱毛するパーツにもよりますが、だいたい5~6回ほどで完了します。

何回も通わなくてすむし、半年~1年ほどでOK。肌トラブルがおきた時も、その場で医師に治療してもらえます。安全度が高く、肌トラブルが心配な人でも安心ですよ。

強い痛みが大きなデメリット。強いレーザーで毛根を破壊するぶん、肌への刺激は強くなります。VIOなどパーツによっては麻酔が必要なので、先に料金を確認しておくようにしましょう。

また、1回の料金はサロンに比べて割高です。倍以上になることもあります。ただし施術の回数は半分以下なので、トータルだと安くなる可能性も。必要な回数を考えて、総合的に安いかどうかを考えましょう。

高い効果が欲しいなら医療脱毛

医療脱毛は「効果」と「速さ」がメリットです。ツルツルな仕上がりが目的なら、サロン脱毛より永久脱毛の方が良いでしょう。「パーツ」「予算」「仕上がり」を考えたうえで、医療脱毛にするか決めてください。